競馬学校に入学を志す人! ~ ジョッキーを目指して ~

競馬

入学前に知っておくこと

馬

ジョッキーになるには競馬学校に入学しなければいけませんが、倍率は30倍以上と競争率は高いです。また、競馬学校は運動能力を計る試験あります。応募の際にも体重制限があり、ジョッキーになるには厳しい体重管理が必要です。

詳しくはコチラ

集団生活での1日の流れ

競馬

競馬学校では全寮制です。基礎体力や知識スキルを学びます。競馬学校の朝は早くて基本的に五時半に起床します。しかし、厩舎での実習訓練のときは早朝の三時に起床し馬の世話などを学びます。

詳しくはコチラ

高年収も可能な職業

ココからギャラリーをチェックすることが出来ます。書道家で人気の人物です。多くの作品を発表していますよ。

競馬

武豊のような優秀なジョッキー憧れを持ち競馬学校に入学したい人、小さい頃から動物が好きで特に馬が好きなので馬の世話をする仕事がしたい人など、人それぞれ競馬学校に入学を志す理由は様々です。しかし競馬学校は入学するだけでも狭き門です。そのうえ、レースで勝つようなトップジョッキーになれるのは一握りの人間です。毎日朝早くから乗馬技術を磨き、馬の世話などやらなければいけないことはたくさんあります。とても大変な職業ですが、トップジョッキーになれば平均年収が1,000万円以上で中には数億円を稼ぐジョッキーもいます。まずは競馬学校で基礎からしっかり学びましょう。

先程も入学するのは狭き門だといいましたが、競馬学校は入学倍率が約30倍ととても人気があります。学校によっては10名前後しか入学できない学校もあります。試験も独特で視力検査や運動能力を計る試験があります。そして、競馬学校は全寮制となっています。全寮制で日常生活から集団行動することのよって、社会性を身に付けつける狙いがあります。他にも、朝の早い競馬界に学生のうちからなれる必要があります。そして、ジョッキーになるに重要なのは、馬とのコミュニケーションです。馬の人間と同じで一頭一頭顔も違いますし、癖も違います。その馬の個性を知り、ジョッキーとしての自分を知ってもらうことがとても大事です。競馬学校では厩舎でも訓練で基礎から馬とのコミュニケーションのとり方を学ぶことができます。

馬とのコミュニケーション

競馬

ジョッキーの仕事は様々ですが、馬とのコミュニケーションは非常に大事です。レースで勝つためにはしっかり馬とコミュニケーションを取る必要があります。競馬学校では厩舎実習があるので基礎から馬とのコミュニケーションを学びましょう。

詳しくはコチラ